2015年06月10日

伊達政宗の永眠する「瑞鳳殿」

スポンサーリンク
2015/6/6は朝から仙台市の観光へ挑んだ一日だった。
幸いにも、仙台駅を起点に「るーぷる仙台」というバス路線が非常にわかりやすく安価に走っているので利用しない手はないだろう。

時間も限られているので特に行きたい場所へ絞りこみ。まずは有名な瑞鳳殿だ。

瑞鳳殿は伊達政宗の墓所の霊廟。伊達政宗が自ら眠る場所として選定した地にある。案外日本ではこの形式の霊廟は珍しいのではないか? 

残念ながら終戦間際の仙台空襲にて旧国宝指定されていた建造物は灰燼と帰してしまったため、現在見学できるのは復元されたものとなるのだが、古さだけにとどまらないこの郷土の誇りとも言える威風堂々たる瑞鳳殿の建造物が復元された意義は非常に大きいのだろう。

瑞鳳殿1.JPG
瑞鳳殿2.JPG
瑞鳳殿3.JPG
戦災の焼け残りも瓦やいくつか残っており、他にも隣接する資料館にも展示されている。

旧瑞鳳殿の遺構2.JPG
旧瑞鳳殿の遺構1.JPG
行き方
るーぷる仙台のバス停から徒歩10分 仙台駅からまず最初に訪問できる歴史的ビックスポットだ。

[ここに地図が表示されます]
↓ブログランキングに参加中。クリック頂けると、とても励みになります。↓
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
posted by アイナット at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。