2012年06月11日

東大阪市の瓢箪山稲荷神社

スポンサーリンク
2011年11月3日の東大阪の近鉄沿線を中心に散策した記録。
瓢箪山稲荷神社は近鉄奈良線の瓢箪山駅で降車して南から商店街を少し抜けたあたりに位置する。


日本三大稲荷の「辻占」の総本社。
天正11(1584)年に豊臣秀吉が大坂城築城するにあたって、伏見桃山城から「ふくべ稲荷」を勧請したのが始まりという。
ちなみに現在の本殿は慶応2(1866)年のもの。



商店街から住宅街に入ったあたりで立派な鳥居が見えてくるのが以下写真。

20111103_122018.JPG
上の写真は「瓢箪山稲荷神社の鳥居」の写真



鳥居をくぐって中に入るとお稲荷様の狐がこれでもか、と言うほど多数おられるのに驚かされるだろう
ちなみに時代は全く異なるが、瓢箪山古墳も同一の場所にあることを示す案内がある。

20111103_122048.JPG

20111103_122522.JPG

20111103_122642.JPG


アクセス:近鉄奈良線の瓢箪山駅から徒歩5分ほど。



↓ブログランキングに参加中。クリック頂けると、とても励みになります。↓
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
posted by アイナット at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。