2011年11月29日

貝塚市の考恩寺観音堂

スポンサーリンク
2011年9月10日の記録の続きです。

貝塚市水間地区の訪問記。この地にあって、唯一の国宝だけにぜひ見学すべきポイントが考恩寺です。

20110910_123449_Sat.JPG
上の写真は「国宝 考恩寺観音堂(釘無堂)」の写真

国宝に指定されている観音堂は、建立時に釘が使われなかったことから、別名釘無堂ともいいます。

元々は考恩寺の一部というわけではなく、奈良時代、聖武天皇の御代に行基によって建立された観音寺でした。それが明治時代になって、観音寺が廃寺となった際に、考恩寺に合併と相成ったものです。

現存している観音堂は鎌倉後期に再建されたものながらも、大阪府における最古の木造建造物として非常に貴重なものになっています。 20110910_123604_Sat.JPG
上の写真は「国宝 考恩寺観音堂(釘無堂)」の写真2


ちなみに重要文化財の仏像も多数所蔵していますが、自由な見学は出来ず、事前の問い合わせが必須となっているため注意が必要です。

行き方としては、南海電鉄本線の貝塚駅で、水間鉄道水間線に乗り換えて、終点の水間観音駅で下車します。それから徒歩30分弱くらいです。バスでいけば5分ほどで行けるようです。



【貝塚の最新記事】
↓ブログランキングに参加中。クリック頂けると、とても励みになります。↓
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
posted by アイナット at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貝塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。