2009年10月02日

飛鳥・文武天皇陵

スポンサーリンク
2007/09/15の明日香村への旅・「文武天皇陵」編


明日香_文武天皇陵
上の写真は明日香_文武天皇陵の写真


文武天皇は飛鳥時代末期の天皇である。
父親は草壁皇子。その草壁皇子は天武天皇と持統天皇の長子である。
聖武天皇の父親でもある。

ちなみに有名な大宝律令はこの文武天皇の治世で定められたものだった。

明日香_文武天皇陵 案内板
上の写真は明日香_文武天皇陵 案内の写真



宮内庁比定の文武天皇陵は上記写真の場所とされているが、研究者の間では、実際の文武天皇陵は、八角形の墳丘である中尾山古墳というのが有力となっている。下の写真はその中尾山古墳のもの。

中尾山古墳
上の写真は明日香_中尾山古墳の写真



ちなみに中尾山古墳は高松塚古墳を挟んで宮内庁指定の文武天皇陵の反対側に位置している。どちらも高松塚古墳のすぐ近くである。

ちなみに恒例の高松塚古墳の一般公開が10月末から開始されるそうです。詳しくはこちらのブログ記事から。http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/51003513.html

■地図と行き方
近鉄吉野線の飛鳥駅から徒歩15分ほど。



↓ブログランキングに参加中。クリック頂けると、とても励みになります。↓
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
posted by アイナット at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。