2009年10月06日

明日香・「鬼の雪隠・鬼の俎」編

2007/09/15の明日香村への旅・「鬼の雪隠」編


明日香・鬼の雪隠
上の写真は明日香_鬼の雪隠の写真


「鬼の雪隠(おにのせっちん)」は墳丘土を失った終末期(7世紀末)の古墳の石室の一部です。花崗岩で作られています。

下の写真の「鬼の俎(おにのまないた)」が石室の底石になっており、本来はこの二つで一つの石室を構成していました。

なお欽明天皇の陪塚だったという説もありますが、誰の墓だったのかは不明です。
鬼の俎
上の写真は明日香_鬼の俎の写真



伝説によると、霧ヶ峰という鬼が通行人を霧を吹きかけて迷ったところを捕まえ食べたという。その際、まず「俎」で調理を行い、食べた後、「雪隠」をトイレとして利用したということである。



下に説明板の写真も挙げておきます。


明日香・鬼の雪隠_説明板
上の写真は明日香_鬼の雪隠 説明板の写真




■地図と行き方
近鉄吉野線の飛鳥駅から徒歩二十分ほど。



タグ:飛鳥 首都
↓ブログランキングに参加中。クリック頂けると、とても励みになります。↓
にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
posted by アイナット at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 明日香 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。